FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観て思ったこと

仕事帰りに岩井俊二監督の「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見ました。
深夜25時から28時の回。寝てしまうんじゃないかと心配でしたが、あくびどころか最後のカットが黒落ちした瞬間に溜息がもれてしまうほどのめり込んで観てしまいました。
綾野剛が演じる男の涙は本物だろうか?
最後のカットをどう受け取るか?
ちょっと自分の経験もない交ぜになってしまい、明け方の新宿から数駅歩くあいだじゃ到底咀嚼しきれないですが自分なりにこんな事を考えました。

SNSやテキストチャットのような顔のない/身体感覚と切り離されたコミュニケーション方法を多用する現代の私たちにとって、他者とはより複雑で不確かな存在なのかもしれません。
自己とは常に他者を通しての存在だという人がいます。
だとしたら他者の存在がますます不確かに感じられる現代においては自己もまた不確かにならざるを得ないのではないでしょうか。そして今はそんな孤独から逃れようとみんなが拠り所を探している時代であるような気がします。

しかし僕はこの身体感覚から離れた世界での不自由で不確かなコミュニケーションに心酔していた時期があります。
20代の後半、フリーランスの映像作家としてようやく生活できるだけの収入が得られるようになった頃、ネットゲーム(MMORPG)にハマりました。現実に不満があったわけではなかったですが、今にして思えば将来の不安や葛藤から逃げ込むための場所が欲しかったのかもしれません。何にせよ僕は放置なしで1日平均10時間以上、みっちりネットゲームをするようになりました。いわゆる準廃人です。
表情、声、匂い、体温……現実の肉体を伴わない不自由な世界でのコミュニケーション。
しかし時々そこに垣間見える「他者の存在」は肉体を伴わないがゆえに近く、かえって強烈に僕を打ちのめしました。
それは実は孤独を忘れさせてくれる経験でもありました。

リアルでは会ったこともない19歳の女の子と僕はゲームの中で結婚しました。ゲームの中で式を挙げ、ゲーム内の友人を招待し披露宴と2次会まで行いました。最初は「ごっこ遊び」のつもりでしたがゲーム内で僕以外のプレーヤーと遊ぶ彼女に嫉妬を覚えたとき、自分の感情がもはやゲームでもごっこでもないことを知り恐ろしくなりました。

ゲーム内での暴力的な言動でいつも問題を起こすプレイヤーは、父親の暴力から逃れて母親と施設で暮らしている17歳の少年でした。そんな彼は女性のアバターを使っていた僕を女だと思い込み口説き落とそうと必死でした。僕は彼に口説かれながら彼の純粋さを感じました。

ネトゲ好きの両親に嫌気がさして祖母の家に居候しながら、結局本人もネトゲを止められないでいるハタチの女の子は夢があると僕に教えてくれました。彼女はネイリストになるための学校の学費を今、バイトして貯めているところでした。

中の人が男か女か分からないほどクールだったその人はある日の明け方、僕にふとこんな思い出話をしてくれました。むかしレイプされたことがきっかけでAVに出演した。グレて居場所を失いネカフェ難民になって援助交際で生活していた時、ただの客のくせに自殺未遂をしでかした自分に本気で向き合ってくれたのが今の旦那だったと。明け方の気怠いチャットログに並んだ文字から何とも言えない穏やかさが漂ってくるような気がしました。

とある凄腕の主婦プレーヤーはある日を境にぱったりゲームにログインしなくなりました。人づてに、彼女がゲームに熱中している最中にお子さんが隣の部屋で自殺していたことが原因だと聞きました。その後悔からネットゲームを止めたのだと。それでもなおSkypeの彼女のステータスが時々オンラインになることを僕は知っています。

もちろん相手がどこの誰だかなんて分かりませんし、そこで出会った人たちが本当のことを言っているとは限りません。
ネットなんだから、という人もいます。
では現実では?私たちはそんなに他者のことを知っているでしょうか?自分が何者か知っているでしょうか?

閑話休題
映画に話を戻します。
確かに人は誰も自分の心すら良く分からないし、ましてや他人の心など知ることのできない孤独な存在なのかもしれません。
しかし僕には映画の終わりに黒木華さん演じるカムパネルラは孤独を埋めるための、目には見えないけれど確かなものを手にしたように思えました。もう一度観たいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

東海林毅@七分咲き

Author:東海林毅@七分咲き
東海林毅/ショウジツヨシ(41)
映画監督、映像作家、
コンポジターもやるよ。

NHK Eテレ<青山ワンセグ開発>「ファスナー昆虫記」「女子力相撲」「平成サウダージ」◆BSP「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」毎月第4木曜日21:00~ VFXスーパーバイザーで参加中

代表作:実写版「喧嘩番長」シリーズなど

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle見届け人sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。