FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督 ― さたかさんのこと③

1月5日は佐髙さんの誕生日。
49歳のまま時間が止まってしまったけれどお誕生日おめでとうございます。

さたかさん

入院しながら初監督作品「OMOCHA」を仕上げていった佐髙さんのこと。
編集チェックの日から続きを書きます。
僕の主観が混じりますがお許しください。



【2013年10月11日】

いよいよ佐髙さんの初監督作品「OMOCHA」のオフライン(仮編集)チェックの日。
少し早く到着したので先に病室を訪ねると佐髙さんは体調が悪く横になって休んでいた。
悪い咳が止まらない。


「OMOCHA」の初号DVDを持ってプロデューサーの藤原さん、編集の石井さん、そしてお見舞いに演出部や録音部など大勢の人たちがやって来た。




通しで最後まで見る体力が無いとのことで、さわりだけをプロデューサー、編集と3人でチェックしていた。
ここで使いたい画がある、など色々編集に対して言いたげな佐髙さん。
監督の顔になっている。
結局メールベースで佐髙さん・藤原さんが今回のフィードバックを行い、修正したものをまた病室に持ってくる事になった。

初めての商業作品を監督する時、ほとんどの監督は現場での演出を思い通りにこなす事はできないのではないかと思います。現場でやり残したことを撮影後の仕上げで取り戻すというわけでもないですが、初めてである分だけさらに編集や音楽などの仕上げでこだわりたいことが山のようにあるはずです。
それを病室のベッドの上でやらなければいけないというのは本当につらく、もどかしいことだと思います。
ともかくこれで初監督作品の完成までの段取りは決まったわけです。


他のスタッフの皆さんともひとしきり話しみんなが帰った後、佐髙さんが仲良くなった同室の患者さん2名に取材を行った。
許可は取ってあるという。
妙に張り切ってインタビューを行う佐髙さん。
まるでデビュー作につきっきりで関われないストレスを発散しているようにも見えました。
一人は佐髙さんと同じ病名、もう一人はまた少し違った病気だったが同種類の病気と闘う者同士の連帯感が生まれたようだった。
皆それぞれに家族や仕事、社会から切り離されここで戦っているのだと実感させられる。

帰り際に自身のブログ記事をFBにリンクさせるやり方が分からないという佐髙さん。
[佐髙さんのブログ]
URLをコピペして貼り付けるだけだよと何度も教えたが分かっていなかった。
この人は本当にパソコンオンチだ…。



【2013年10月14日】


深夜、0時過ぎに激しい頭痛に襲われていると佐髙さんからメール。
明日電話してほしいと書き添えられていた。
翌昼、電話をかけるが繋がらない。
良からぬ想像が脳裏をよぎる。
数分後に折り返しがありどうも薬の副作用らしいということだった。
言葉の端々から医者や治療への不信が滲み、時に口が悪くなる。
僕らには普段見せない不安や焦りがそうさせているんだと感じた。
これからも危ないと思ったらメールします、と佐髙さん。



【2013年10月15日】

スタイリストの斎藤あかねさんを連れてお見舞いに行く。
佐髙さんはベッドで起きていたが髪が抜けたため頭にタオルを巻いていた。
現場の人みたいでしょと笑う佐髙さん。
来る途中に太いヘアゴムを買って来てと頼まれたのはこのタオルを縛る為なのだった。


(写真はあかねさんのFBよりお借りしました)

僕の監督作品「喧嘩番長」シリーズにずっとスタッフとして参加してくれていた佐髙さんとあかねさん。
僕の作品以外でも二人は良く同じ現場に助監督とスタイリストとして参加していた。
そしてよくケンカをしていました。
いや“よく”っていうか佐髙さんとあかねさんの喧嘩でもう一本「喧嘩番長」が作れるんじゃないかってほどw
医者に毒づき苦しくなるほど笑い合うふたりを見ながらやっぱり似た者同士なんだなと再確認する。

すっかり頭髪が抜けてしまった佐髙さんがあかねさんに自分用の衣裳の発注をした。
点滴を受けながらはおれるフード付きのポンチョ…次に訪ねる時までに作っておくねとあかねさん。
「OMOCHA」のオフラインDVDはどうでした?と尋ねるとまだ全部は見ていないとの答え。
体調が思わしくなく、通して見続ける気力が無いとの事。
佐髙さんの心境を慮ると苦しい。

佐髙さんは先日の同室の患者さん達へのインタビューが病院にばれて大目玉をくらったらしく不貞腐れている。
患者さんの家族の許可は取ったのか?病院は許可した覚えはないぞ、と。
その怒りが治療方針や食事に向いてしまっていて聞いていてつらい。
そういえば僕の映画でも無許可で撮影して怒られた事いっぱいありましたよね…佐髙さんw
正直、こんな事になるならカメラなんて渡さなければよかったと少し思った。




つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

東海林毅@七分咲き

Author:東海林毅@七分咲き
東海林毅/ショウジツヨシ(41)
映画監督、映像作家、
コンポジターもやるよ。

NHK Eテレ<青山ワンセグ開発>「ファスナー昆虫記」「女子力相撲」「平成サウダージ」◆BSP「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」毎月第4木曜日21:00~ VFXスーパーバイザーで参加中

代表作:実写版「喧嘩番長」シリーズなど

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle見届け人sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。