FC2ブログ

女子力相撲「オタク女子対決」桃井さんと喜屋武さんの対決ってどうなのか?

オタク女子対決…オタク女子の代表って誰だろう?
まず真っ先に思い浮かんだのがモモーイこと桃井はるこさんでした。

アキバのストリート黎明期から活動して伝説の萌えソングユニット“UNDER17”でメジャーシーンに殴りこんだ、僕の中では元祖秋葉系アーティストです。

9年ほど前、僕がまだ駆け出しで合成の仕事をし始めたり色々と模索していたころ、あるライブの収録スイッチャーを任された事がありました。
それが桃井さんと小池雅也さんのユニット・UNDER17がCLUB CITTA'で行ったライブ「萌えソングを極めるゾ!」でした。
(なのでライブDVDにはスイッチャーとして僕もクレジットされています)
萌えソングを極めるゾ!

それまでアニソンやアキバ系のライブに行った事はありませんでした。
超満員のCLUB CITTA'で繰り出されるある種聞き手を選ぶ楽曲の数々。
観客の一体感と安心感、ホームゲームの雰囲気。
VJとして色々なイベントやライブに参加してきましたが客観的に見てこの規模のライブでここまで純粋な一体感のあるライブは久しぶりでした。
その時からいつか桃井さんと一緒に仕事してみたいな~と思い続け「青山ワンセグ開発」のお陰でようやく願いが叶ったというわけです。 

ちなみにこのライブ収録スイッチャーの仕事はその後“ちよれん祭り”や君のぞ、マブラブ関連のライブでの収録兼LEDスイッチャーの仕事へと繋がっていきます。非常に俺得なお仕事でしたw

さて対戦相手は誰にするのか?桃井さんに対抗できる人物って誰だ?
これは非常に難しい問題でした。
1秒で思いついたのは中野腐女シスターズ/風男塾の喜屋武ちあきさんでした。
他に候補はいないかとその後1時間悩みました。
さらに1日悩んだ結果、喜屋武さん以外居ないだろうという事でオファーさせて頂きました。

東(秋葉原)の横綱に対して
西(中野)の横綱です


僕にとって中野ブロードウェイといえば、トリオ、タコシェ、そして学生時代から中古機材を探しに幾度となくうろついたFUJIYA AVICです!
ごめんなさいどうでもいいですね…

それはさておき、こうして実現した究極の対戦カードは相当面白い事になっています
桃井さん喜屋武さんそれぞれのコダワリが何故か土俵上で激突するという珍展開!w 

放送は8/16深夜24:30~NHK Eテレ「青山ワンセグ開発」で!
君は刻の涙を見る…
スポンサーサイト



テーマ : ちょっと聞いて
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

東海林毅@七分咲き

Author:東海林毅@七分咲き
東海林毅/ショウジツヨシ(41)
映画監督、映像作家、
コンポジターもやるよ。

NHK Eテレ<青山ワンセグ開発>「ファスナー昆虫記」「女子力相撲」「平成サウダージ」◆BSP「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」毎月第4木曜日21:00~ VFXスーパーバイザーで参加中

代表作:実写版「喧嘩番長」シリーズなど

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle見届け人sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: